セミナー・講演会

2022/12/27

木造住宅

木造住宅研修「家づくり講演会」について

20221222

 

 

令和4年度 木造住宅研修「家づくり講演会」

 

伝統的構法住宅は、どこへ向かうのか
    ~2025年省エネルギー基準 義務化を見据えて~

 

 

 

2025年省エネ法義務化対策について建築業界では具体的な対策として、一層の高断熱化や高気密の住宅づくり、また木材利用の促進など工夫が求められています。

「省エネルギー化」自体は、もちろん推進すべきことなのですが、高気密高断熱住宅を前提としてつくられた基準では、一部に「実態としては環境性能が高いのに、基準をクリアできない」場合がでてきてしまいます。

伝統的構法の木造住宅の建築についても、時代の社会的要請の中で進化していくもので、建築の自由度を確保しつつ、今は環境性能や省エネ性能など、現代の民家の建築を考えるにあたり、どのように要請に応えていくのか、そのような視点を持つことが必要です。

安全で質の高い伝統的構法建築物の供給促進、伝統技術の継承、地産地消による地域産業の活性化に向け伝統的構法の家と山・木材、構造計算、気候風土適応住宅の必要性など、さまざまな視点から共に考えていきます。

 

 

  主 催 / 湖国すまい・まちづくり推進協議会 ・ 木 考 塾(木造在来工法住宅を考える会)

 

 

  ※ 建築士会CPD認定プログラム  3 単位
   ※ 受講料  無料

 

  日  時 令和5年2月11日(土)13:30~16:30(開場13:00)

 

  会  場  キラリエ草津 1階 多目的室(草津商工会議所) 滋賀県草津市大路2-1-35

 

  開催方法 会場 及び オンライン配信

 

 

  定  員 ● 会場参加     40 名(多目的室)
        ● オンライン参加  <YouTube Live限定公開にて>
         ( URL については、申込みメールアドレスに後日ご案内致します。)

 

 

  対  象 建築士、大工・工務店、製材事業者、素材生産業者
        木造建築に興味のある設計士

 

 

  申込方法 下記の申し込みフォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

 

 

  ※県内のコロナウイルス感染拡大状況により、オンライン配信のみとなる場合があります。

 

 

 

       「家づくり講演会」案内チラシ

 

 

 

お申し込みフォームはこちら

HOME > セミナー・講演会 > 木造住宅研修「家づくり講演会」について